【リヤドダートスプリント】コパノキッキング差し切り!2着マテラスカイ日本馬ワンツー

[ 2021年2月21日 02:04 ]

コパノキッキング
Photo By スポニチ

 サウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で20日、7Rに組まれたリヤドダートスプリント(ダート1200メートル)は好発から先手を奪った戸崎騎乗マテラスカイ(牡7=森、父スペイツタウン)が直線、粘り込みを図るところに外からビュイック騎乗コパノキッキング(セン6=村山、父スプリングアトラスト)が強襲して差し切り勝ち。日本馬ワンツーとなった。ジャスティン(牡5=矢作、父オルフェーヴル)は6着。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年2月20日のニュース