【東京新馬戦】エストレラブレインV 田村厩舎が29年ぶりワンツースリー

[ 2021年2月20日 12:15 ]

 東京2Rの3歳新馬戦(ダート1400メートル)は、2番人気エストレラブレイン(牡=田村、父シニスターミニスター)が先団から抜け出してV。

 ゲート入りを嫌がる場面もあったが、レースでは落ち着いた走りをみせ、ゴール前で力強く伸びて差し切った。鞍上の三浦は「ゲートでは他馬を気にするところがあったが、レース自体は冷静に走ってくれた。まだ緩さがある中で勝てるのは、力があるから」と振り返った。

 また、2着にキングスハンド、3着にサイレントギフトが入り、田村厩舎で上位3着を独占。同一厩舎でのワンツースリー決着は、92年のダイヤモンドSの小林稔厩舎以来29年ぶり。田村師は「どれかは勝つかなとは思っていたけど、これは想像していなかった」と驚きつつ、優勝馬について「この時期の3歳では仕上がりも良かった。昨日も先週もゲートは大丈夫だったのに…」と話した。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月20日のニュース