【京都新馬戦】ディープモンスターV!武豊ホッ「今日は落ち着きがありました」

[ 2020年11月1日 05:30 ]

<京都5R新馬戦>早め先頭から後続を振り切り勝利するディープモンスター(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 京都5R新馬戦(芝2000メートル)は断然人気のディープモンスター(牡=池江、父ディープインパクト)が好位から抜け出し、後続を振り切った。武豊は「上手に競馬をしてくれました。4コーナーで手応えが怪しくなりましたが、ムチを入れると馬がシャキッとしてくれたね」とホッとした様子。8月小倉でデビューを迎える予定だったが、馬場入り後にまさかの放馬。無念の除外となった。「今日は落ち着きがありましたし、小倉の時よりも良くなっています」と伝えた。次走は未定。 レース結果

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年11月1日のニュース