【東京新馬戦】アヴェラーレ 差し切りV!ルメール評価「上のクラスでも十分やれる」

[ 2020年11月1日 05:30 ]

アヴェラーレ(手前)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京5R新馬戦(芝1400メートル)は1番人気のアヴェラーレ(牝=木村、父ドゥラメンテ)が中団から差し切った。先に抜け出した2着アルトヴォラーレを直線半ばで捉えると、1馬身1/4突き放す完勝。手綱を取ったルメールは「フットワークが速くて瞬発力がある。上のクラスでも十分やれる」と評価する。15年スワンSなど重賞2勝を挙げたアルビアーノの初子。母の手綱も取ったルメールは「お母さんは1200~1400メートルが良かったが、娘は1400メートルからマイルかな。馬体(424キロ)は小さいけど、気性は真面目。大きくなればもっと走る」と語っていた。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年11月1日のニュース