【アルテミスS】白毛のソダシが直線抜け出し重賞2連勝

[ 2020年10月31日 16:00 ]

<第9回アルテミスステークス>レースを制したソダシ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 2歳牝馬のマイル重賞「第9回アルテミスS」(G3、芝1600メートル)は31日、東京競馬場で行われ、吉田隼騎乗の白毛馬の1番人気ソダシ(牝2=須貝、父クロフネ)が優勝、デビュー3連勝で9月の札幌2歳Sに続き重賞2連勝を飾った。勝ちタイムは1分34秒9。好スタートから先行集団で競馬を進め、直線力強く抜け出した。

 1馬身3/4差の2着にククナ、さらに半馬身差の3着にテンハッピーローズが入った。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年10月31日のニュース