【東京新馬戦】2番人気マーチリリーが逃げ切りV 石橋「完勝でした」

[ 2020年10月31日 12:33 ]

 東京4R・2歳新馬戦(ダート1400メートル)は先手を奪った2番人気マーチリリー(牝=牧浦、父マジェスティックウォリアー)が逃げ切った。

 騎乗した石橋は「凄く一生懸命で、返し馬から前向きだった。厩舎の方からゲートも速いと聞いていたし、無理することなく行けた。直線も自分のペースで走れたし、追ってからもしっかり。完勝でした」と振り返った。次走は未定。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年10月31日のニュース