【天皇賞・秋】(1)ブラストワンピース、仕上がりに満足 大竹師「当日は550キロ台になるかも」

[ 2020年10月31日 05:30 ]

 復権を期すブラストワンピースはダートコースで軽く運動してから坂路を4F65秒5で駆け上がった。大竹師は「馬のリズムに任せて。いいキャンターだった。帰厩当初から体調の良さが伝わってきて調整がしやすかった。当日は550キロ台になるかも」と仕上がりに満足げ。

 これまで3戦3勝の1枠1番を引き当てたが「枠がどうこうはない。地下馬道でイレ込んだりしないようゲートに行くまでの過程が重要」と話した。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年10月31日のニュース