【スワンS】11番人気カツジが逃げ切って優勝 2年ぶり重賞2勝目

[ 2020年10月31日 15:50 ]

<京都11R・スワンS>後続を振り切り勝利したカツジ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 短距離重賞「第63回スワンS」(G2、芝1400メートル)は31日、京都競馬場で行われ、岩田康騎乗の11番人気カツジ(牡5=池添兼、父ディープインパクト)が逃げ切って優勝、2018年のNZT以来の重賞2勝目を飾った。勝ちタイムは1分21秒2。

 1馬身差の2着にステルヴィオ、さらに半馬身差の3着にアドマイヤマーズが入った。

 優勝馬はマイルCS(11月22日、阪神)の優先出走権を獲得した。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年10月31日のニュース