【スワンS】傾向と対策

[ 2020年10月31日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆枠順 6~8枠が8勝と外枠優勢が顕著。6枠【2・2・0・16】、7枠【4・0・2・18】、8枠【2・3・0・19】と満遍なく勝っている。3、4枠は連対すらなく厳しい。

 ☆前走 安田記念組が【2・3・2・8】と堅実に走る。京成杯AH組も【2・0・1・7】とトップタイの2勝。スプリンターズS組は【1・1・1・22】と出走頭数の割には結果が出ていない。

 ☆血統 ディープインパクト産駒が【3・2・1・6】と圧倒的。前走着順問わず走るので取りあえず押さえるのが得策。

 結論 ◎アルーシャ ○アドマイヤマーズ ▲プロディガルサン

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月31日のニュース