【野路菊S】作戦勝ち!ホウオウアマゾン圧逃V 矢作師「決め手勝負だと分が悪いから」

[ 2020年9月20日 05:30 ]

 2歳オープンの中京9R・野路菊Sは5頭立てで行われた。単勝4番人気のホウオウアマゾンが後続に影すら踏ませない逃げ切りで完封。松山は「少頭数の1番枠、スローでヨーイドンになるより長く脚を使えるのでハナに行く形に。追ってからもいい反応でした」と振り返れば、矢作師も同様に「作戦勝ち。決め手勝負だと分が悪いからね」と逃げの手が最大の勝因だと強調した。次走は「2択」としてG3サウジアラビアロイヤルC(10月10日、東京)か、G2デイリー杯2歳S(11月14日、阪神)のいずれかになる。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年9月20日のニュース