【中山新馬戦】スルーセブンシーズ 豪脚V!ルメール「楽勝でした」

[ 2020年9月20日 05:30 ]

 中山5R新馬戦(芝1800メートル)はパッシングスルーの半妹スルーセブンシーズ(牝=尾関、父ドリームジャーニー)が1番人気に応えて快勝。中団待機から直線で大外から豪快な末脚を繰り出し、先行勢を差し切った。ルメールは「直線でいい脚で伸びてくれた。まだ緩いけど、これから良くなりそう。楽勝でした」と笑顔。尾関師は「調教から難しいところはあったが、騎手にうまく乗ってもらった。精神的にも体も伸びしろがあって、この先が楽しみ」と話した。次走は未定。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月20日のニュース