【中山1R】菜七子 アジアノジュンシンで1カ月ぶり白星 今年24勝目

[ 2020年9月20日 05:30 ]

 藤田菜七子(23)が中山1Rを3番人気アジアノジュンシン(牝2=奥村武)で制して今年のJRA24勝目(通算114勝目)を挙げた。好発から2番手につけ、逃げた1番人気馬をかわすスムーズなレース運び。8月16日(新潟8R=フローズンスタイル)以来、自身1カ月ぶりの勝利に「追い切りで状態の良さを感じていたので自信を持って乗った。前についていくのに苦しくなったが、最後まで頑張ってくれた」と喜んだ。同馬は引き続き菜七子とのコンビで、交流重賞・エーデルワイス賞(10月15日、門別)に向かう予定。なお、20日は2日連続Vを懸けて中山で5鞍に騎乗する。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月20日のニュース