【中山新馬戦】伏兵セイウンエンプレス豪快に差し切る 武藤「うまく外に出せた」

[ 2020年9月20日 13:36 ]

 中山4R新馬戦(芝1200メートル)は、9番人気の軽量馬セイウンエンプレス(牝=本間、父リーチザクラウン)がデビュー戦を制した。

 体重は386キロと超小柄な牝馬。道中は5番手からリズム良く運び、直線で外から豪快な脚で伸びて差し切った。

 武藤は「ゲート練習からスタートは良かった。うまく外に出すことができた。体が大きくなったら、もうひと伸びできるんじゃないか」と笑顔で話した。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年9月20日のニュース