【ローズS】ミスターX 条件合うフアナ◎ パワーアップした力に期待

[ 2020年9月20日 05:30 ]

 ローズS(中京11R)はフアナを本命に指名する。父はルーラーシップ、母父ディープインパクト。これは17年菊花賞馬のキセキと同じ。さらに、あまりお目にかからないトニービンの3×4のクロス持ちで、長く脚を使う同馬にとって中京2000メートルは合っている。例年は阪神競馬場での開催だが、今年は中京競馬場での代替開催となり、例年のようなディープインパクト産駒祭りとはいかない可能性も十分にある。

 フローラSでは、後方から上がり3Fメンバー最速の脚で伸びたが3着。3カ月半の休養明けだった前走の1勝クラスでは、プラス28キロと成長し、復帰。好位から抜け出し好時計を叩き出して勝利を収めた。新馬戦からの全4戦で上がり最速をマークと堅実さが魅力だ。春よりパワーアップした力をここで見せつける。(3)から(1)(2)(5)(9)(10)。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年9月20日のニュース