【中山新馬戦】伏兵ユイノシワザV!後方待機から差し切り「我慢勝ち」

[ 2020年9月20日 05:30 ]

 中山6R新馬戦(ダート1800メートル)は11番人気の伏兵ユイノシワザ(牡=竹内、父クリエイター2)が、向正面から隊列が激しく入れ替わる消耗戦を制した。後方待機策で直線は大外から豪快に脚を伸ばした。内田は「道中は進まなかったので外に切り替えた。展開に恵まれたけど、我慢勝ちだね」とニッコリ。竹内師は「まだ緩い中で勝ってくれた。距離は今後もこれぐらいあった方がいいと思う」と展望を語った。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月20日のニュース