【伊東・共同通信社杯】島川 準決一番乗り!決勝進出へ気合「出し切る」

[ 2020年9月20日 05:30 ]

 二次予選Bの6Rは青板バックから突っ張り先行の島川が番手小川の手厚いブロックを生かして見事な逃げ切り勝ち。準決勝一番乗りを決めた。初戦は4車結束した徳島ラインの番手回り。雨谷の切れ込みなどで太田のペースが狂ったところを、郡司に捲られてしまった。自身は4着。初日に動かなかった分「しんどかった」が本音だろう。しかし、この逃げ切りでいい刺激が入ったはず。「まだ修正できる部分があると思う。準決勝も力を出し切るだけ」。出番は12R。松浦のバックアップを受けて別線撃破に挑む。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月20日のニュース