【大阪杯】ジェネシス 成長感じる馬体「ボリューム出た」

[ 2020年4月1日 05:30 ]

<大阪杯>坂路を駆け上がるクロノジェネシス (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 クロノジェネシスは火曜朝、坂路を馬なりで流し、息を整えた。斉藤崇師は牡馬相手のG1挑戦でも臆することがない。「前走はこういう馬場が合うと思っていたが、その通り、いい走りだった。阪神の2000メートルもいい舞台。持ち味が生きると思います」と意気込む。前走が12キロ増の460キロで、いかにも見栄えするシルエット。「体にボリュームが出て成長を感じます」と状態の良さに太鼓判だ。 大阪杯

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年4月1日のニュース