【ミモザ賞】マリリン快勝!手塚師「次はフローラSに行きます」

[ 2020年4月1日 05:30 ]

ミモザ賞を制した横山武史騎乗のウインマリリン(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 3歳1勝クラスの中山9R・ミモザ賞(牝馬限定)は好位から4コーナー2番手に進出した4番人気ウインマリリン(手塚、父スクリーンヒーロー)が抜け出して快勝した。横山武は「体に余裕(8キロ増)はあったがそれでも勝ち切ってくれたのは能力が高いからでしょう。背中を上手に使えるようになれば、もっと良くなる」と称賛。手塚師は「次はもっと良くなると思う。フローラS(4月26日、東京)に行きます」とクラシック進出を見据えていた。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年4月1日のニュース