【東京スプリント1週前追い切り】菜七子とコンビ再結成コパノキッキング軽快 上山助手「いい動き」

[ 2020年4月1日 12:52 ]

 藤田菜七子とコンビ再結成で東京スプリント(8日、大井ダート1200メートル)に参戦するコパノキッキング(セン5=村山、父スプリングアトラスト)が1日、栗東Bコース(ダート)単走で1週前追い切りを消化。馬なりで余力たっぷりに4F59秒5→12秒0を刻み、軽快に駆け抜けた。

 上山助手は「いい動きでしたよ。前向きで仕上がりが早いタイプ。出来は問題ないので当日、落ち着いて臨めたら」と力を込める。マーフィーが騎乗した前走・根岸Sは2着。大井は昨年このレース2着、東京盃Vと相性がいい。5日に最終追い切りを予定している。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年4月1日のニュース