レーン来日 2週間は宿泊施設で自主待機 18日から1カ月の短期免許を予定

[ 2020年4月1日 05:30 ]

ダミアン・レーン騎手
Photo By スポニチ

 4月18日からJRA短期免許で騎乗を目指すオーストラリアの名手ダミアン・レーン(26)が3月30日に来日したことが分かった。同騎手の関係者によると、JRAからの要請を受けて、同日から2週間は自主的に外部との接触を避けるために宿泊施設で過ごすという。4月15日に短期免許を申請し、18日から1カ月の短期免許を予定。申請が通れば、19日の皐月賞は朝日杯FS優勝馬サリオス(牡3=堀)と昨年6月新馬戦(1着)以来の再コンビが内定している。その後は免許期間を延長し、宝塚記念(6月28日、阪神)の週まで日本で騎乗する見込み。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年4月1日のニュース