ミシェル来日!南関東での騎乗「今は一日も早く乗れるのを楽しみに興奮しています」

[ 2020年1月24日 05:30 ]

来日して笑顔を見せるミシェル(撮影・平松 さとし)
Photo By スポニチ

 南関東での短期免許取得を予定しているミカエル・ミシェル(24=フランス)が23日、来日した。昼すぎに羽田空港に到着し、「12時間くらいのフライトだったけど、疲れていません。今は一日も早く川崎競馬場で乗れるのを楽しみに興奮しています」と胸を高鳴らせた。24日に行われる面接などの試験に合格すれば最長3カ月間、南関東4競馬場での騎乗が可能になる。また、期間中に南関東所属馬がJRAに遠征すればJRAでの騎乗も可能だ。

 昨夏のワールドオールスタージョッキーズで“美しすぎる騎手”として注目を集め、「日本に恋をしました」のフレーズでファンをとりこにしたミシェル。この日は左手に日の丸、右手にフランス国旗のトリコロールをあしらったネイルで登場。「JRAとNARが違うことも勉強してきた。3カ月の滞在予定なので、できる限り良い成績を残したいです」と意気込んだ。昨秋にはJRA通年免許取得に挑戦する意向を表明。「日本語は難しいですね」と苦笑いだが、語学習得にも励んでいるという。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月24日のニュース