【東海S】幸運尽くしブレイブに好機

[ 2020年1月24日 05:30 ]

ヒロブレイブ
Photo By スポニチ

 【東西ドキュメント・栗東=23日】天気予報の通り朝から土砂降り。朝イチの調教をチェックした柏原はズブ濡れになりながら川村厩舎へ。ちょうど釘田助手がヒロブレイブにまたがって馬場に向かうところだった。「今からCWと坂路で乗ります」と馬上からひと言。人馬の後ろ姿を追いかけて調教スタンドに戻った。

 前走・すばるS6着から中1週で東海Sへ。当初は除外対象だったが、賞金上位2頭が回避してゲートイン。この中間、時計を出していないのは川村厩舎のスタイルで、きっちり稽古はこなしている。乗り終えてから釘田助手に再アタックするとイメージ通り感触のいいコメントが返ってきた。「年明けに1回使って調子は上がっていますよ。うまく展開がかみ合えば」とやる気。繰り上がり出走に加え、いつもの中京と違って今年は京都(全5勝のうち4勝!)で開催。厩舎は4年前にアスカノロマンで、このレースをモノにしている。何やら追い風が吹いているような気がした。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月24日のニュース