【師走S】ナムラカメタローがオープン初勝利 石川「重賞でも期待している」

[ 2019年12月7日 16:14 ]

 土曜中山メインの師走S(ダート1800メートル、3歳上オープン、ハンデ)は、3番人気のナムラカメタロー(推す3=稲垣)が好位から直線で抜け出して勝利。前走の3勝クラスに続き連勝でオープン初勝利を飾った。勝ち時計は1分51秒6(稍重)。2着マイネルユキツバキ。3着メイショウワザシ。

 大逃げを打ったヨシオから離れた4番手のインでリズム良く運ぶと、力強く直線の坂を駆け上がった。6月の函館で初騎乗から「この馬で重賞をとりたい」と話してきた石川。順調にオープンまで駆け上がった相棒を「想像の2つ3つ上を行く馬。ポンポンと昇級してきたのは能力がないとできない。まだオープンクラスでもまれてどうかなど課題はあるが、きょうは坂をこなしてくれたように一つずつ乗り越えてきた。重賞でもと期待している」と称賛した。

 今年3月に開業して以来、厩舎初のオープン勝ちに稲垣師も笑顔。「流れも向いたが、一戦一戦課題を克服してないようも良くなっている。現状は右回りの方がベターなので右回り中心にダートのこのくらいの距離を使っていきたい。今後はオーナーと相談ですがひと息入れて春から始動と思っています」と話した。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月7日のニュース