【香港ヴァーズ】ラッキーライラック出走OK 主催者が発表

[ 2019年12月7日 13:15 ]

 香港国際競走を主催する香港ジョッキークラブ(HKJC)は、香港ヴァーズに出走予定のラッキーライラック(牝4=松永幹)について、「7日朝に馬体検査を行い、獣医が“左前脚の状態は改善したため、レース出走が可能な状況である”と判断した」と発表した。

 HKJCは6日夜、ラッキーライラックについて、「7日の獣医検査後に、左前脚の状態についての検査結果をリリースする」と発表していた。なお、同馬は7日朝、予定通りにAWコースで最終調整を行った。

 同じくヴァーズに出走するコールドトゥザバー(仏国)についても右前脚の状態が改善したため出走できる状況である、としている。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年12月7日のニュース