【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】7日中京11R 変わる条件がそろったアイスバブルを狙い撃つ

[ 2019年12月7日 08:00 ]

 先週日曜は札幌競馬場でトークイベントに参加。昼休みの会が終わった後、熱心なスポニチファンの3人からサインを求められた。以前、地上波の競馬番組に2年間レギュラー出演していた頃には、たまに頼まれたもの。最近は全くなかっただけに、うれしいような恥ずかしいような…。もちろん芸能人ではないのでサインなどなく普通に楷書で名前を書くだけですが、喜んでいただけたなら幸い。残念ながら予想の成績が全く奮わず、貢献できなったことが残念でなりません。

 本日の当欄では紙面で予想の根拠を掲載していない西日本エリアの重賞をピックアップ。中京11R・中日新聞杯はアイスバブル◎で勝負する。前走のアルゼンチン共和国杯は11着と完敗を喫したが、ゲート内で隣の馬が暴れた影響を受けて出遅れ。全く流れに乗れずに終わったもので度外視できる。3走前の目黒記念2着で、G2レベルの力を持つことは実証済み。G3で当時より1キロ増えただけのハンデ55キロはむしろ恵まれた感があり、スミヨン騎乗なら自信を持って狙える。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年12月7日のニュース