【阪神JF】中内田師、2歳重賞14戦8勝

[ 2019年12月7日 05:30 ]

 ダノンファンタジーで昨年の阪神JFを制した中内田調教師は、2歳重賞で通算14戦8勝(勝率・571)という好成績を残している。調教師の阪神JF連覇は角居勝彦師(06、07年)、松田博資師(10、11年)、須貝尚介師(12、13年)が記録しており、中内田師には史上4人目の快挙が懸かる。また、「中内田師&川田騎手」のコンビは今年のJRA重賞で既に8勝を挙げているが、G1では皐月賞(ヴェロックス)、天皇賞・秋、マイルCS(ともにダノンプレミアム)の2着が最高。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年12月7日のニュース