【京阪杯】ファンタジスト、転倒後に急死 浜中は骨折で搬送

[ 2019年11月25日 05:30 ]

京阪杯で競走を中止したファンタジスト(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 京阪杯に出走していたファンタジスト(牡3=梅田)は道中4番手を追走していたが、3コーナーで急性心不全を発症して転倒、急死した。通算12戦3勝。昨年デビュー3連勝で小倉2歳S、京王杯2歳Sを制覇。今秋のセントウルSでも2着に好走し、将来を嘱望されていた。また騎乗していた浜中俊(30)は左鎖骨骨折、右肩甲骨骨折、胸椎骨折、肺挫傷と複数の負傷の疑いで京都市内の病院に搬送された。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年11月25日のニュース