【福島新馬戦】グライユル押し切りV 三浦ニッコリ「まだまだ上積みありそう」

[ 2019年7月20日 14:24 ]

 20日の福島6R新馬戦(芝1200メートル)は三浦騎乗のエピファネイア産駒グライユル(牝=鹿戸)が早め先頭で押し切った。勝ちタイムは1分12秒4(やや重)。

 好スタートから先行集団につけると直線半ばで早々と先頭に。そのまま押し切った。三浦は「気のいいタイプの牝馬。まだまだ上積みがありそう」とにっこり。鹿戸師は「落ち着いて走るので1400からぎりぎりマイルまで距離はもつと思う」と今後を見据えた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2019年7月20日のニュース