【中京新馬戦】マイネルグリット豪脚披露し差し切りV

[ 2019年7月20日 13:06 ]

 芝マイル戦の中京5R・新馬戦は稽古で見せた切れ味そのままにマイネルグリット(牡=吉田、父スクリーンヒーロー)が鮮やかな差し切りVを決めた。直線懸命に抜け出し図る1番人気クリスティをG前で外からネジ伏せた。

 和田は「追ってしぶい感じ。マジメだし、手前を替えるたびに加速してくれた。まだ緩いから、伸びしろもありそう」と納得の表情。同馬の母マイネショコラーデも10年に鞍上和田で新馬勝ち。母子二世代で嬉しい初陣Vとなった。吉田師は「切れましたね。これから大事に育てていきたい」と話した。次走は未定となっている。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2019年7月20日のニュース