展開を読む【安達太良S=ハイペース】

[ 2019年7月20日 05:30 ]

 前走4角2番手以内の馬が過半数の7頭と先行型がそろった。ロジペルレストとビルジキールが果敢にハナを主張。ワイルドカードなども続き、流れは緩まない。3角から前が激しく入れ替わる。後方待機ショームには絶好の展開。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年7月20日のニュース