酒気帯び運転の角居師が釈放 転厩馬は全て着外

[ 2018年7月8日 05:30 ]

角居勝彦容疑者
Photo By スポニチ

 6日未明に酒気帯び運転の疑いで滋賀県警草津署に現行犯逮捕されたJRA所属の調教師、角居勝彦容疑者(54)は同署による取り調べ後、任意捜査に切り替えられ、6日午後に釈放された。JRAが調教停止としたこともあり、翌7日も同容疑者が厩舎に姿を見せることはなかった。同厩舎の所属馬は全て中竹和也厩舎に臨時転厩しており、7日は4頭が出走(福島1頭、中京3頭)し、全て着外だった。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年7月8日のニュース