【宝塚記念】ダンビュライト、調教重ねて回復 遅れも文句なし

[ 2018年6月21日 05:30 ]

松若を背に坂路で追い切るダンビュライト(撮影・平嶋理子)
Photo By スポニチ

 AJC杯覇者ダンビュライトには松若(レースは武豊)が騎乗。ある程度速い時計を求めながら、オーバーワークにならないようにとの配慮。僚馬ミッキーロケットと坂路で馬体を併せ、最後は1馬身突き放されたが、4F51秒1〜1F12秒5なら文句なし。音無師は「最後まで2頭でしっかりやった。動きは良かった。香港は展開もあったが馬体が減り過ぎた。今回は480キロ前後で競馬ができると思う」と調教を重ねながらの馬体回復が好調の証だと語った。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年6月21日のニュース