【宝塚記念】ミッキーロケット、重馬場で好時計 1馬身先着

[ 2018年6月21日 05:30 ]

和田を背に坂路で追い切るミッキーロケット(撮影・平嶋理子)
Photo By スポニチ

 重馬場でこの時計は速い。ミッキーロケットの最終追い切りには和田が騎乗。同じく宝塚記念に出走するダンビュライトと坂路で併せ、最後は1馬身突き放して4F50秒7〜1F12秒3の猛時計だ。これには音無師も満足。「具合はいいな。天皇賞(春、4着)ぐらいにはあるんじゃないか?天皇賞の時は時間がなかったが今回はしっかりやれた」と前走以上を強調する。2頭の比較では「実力はロケットの方が上だろう。天皇賞でも格好をつけたぐらいだから」とのジャッジだった。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年6月21日のニュース