【CBC賞】シャイニングレイ「高レベルで安定」1F12秒2

[ 2017年6月29日 05:30 ]

<CBC賞>雨の中、いい動きをみせるシャイニングレイ
Photo By スポニチ

 シャイニングレイは坂路を軽く流した後、2本目に単走で4F54秒5と軽快に駆け上がった。しまいは気合をもらうと、ラスト1F12秒2。フットワークの良さが目に付いた。「高いレベルで安定しているタイプ。年齢を重ねてから調教でも難しいところもあるけど、追い切りはいい動きでした」と高野師。前走は3Fの距離短縮で一変。さらに距離は詰まるが「オープン特別と重賞ではレベルが違う。簡単なレースではないと思います」と慎重な面持ちだった。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2017年6月29日のニュース