【函館新馬戦】ツクバクロオー 1F12秒6「我慢もできた」

[ 2017年6月29日 05:30 ]

 函館芝コースで素軽い動きを見せたのが土曜函館5R(芝1000メートル)のツクバクロオー(牡=根本、父ロージズインメイ)。5F65秒6〜1F12秒6で先行したペイシャデザイヤー(2歳新馬)に内から先着した。騎乗した丸山は「馬の後ろで我慢できて、追っての反応も良かった」と好感触を口にした。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2017年6月29日のニュース