【きさらぎ賞】スズカメジャー使って緩さ解消!11秒9の好時計

[ 2017年2月2日 05:30 ]

<きさらぎ賞>松若騎手を背にダンビュライトと併せて追い切るアメリカズカップ(手前)
Photo By スポニチ

 スズカメジャーは朝一番の坂路単走で4F53秒6。力強い脚取りでラスト1F11秒9の好時計をマークした。「先週やったので、今週はしまいを伸ばす程度。落ち着いていて動きは良かった」と橋田師。

 新馬戦は好位で流れに乗る器用さを見せてV。「スローの競馬も対応して折り合いはついていた。一度使って緩さも徐々に解消されてきた。いい瞬発力を持っているので、うまく展開が向けば」と好勝負を期待した。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2017年2月2日のニュース