【東京新聞杯】ヤングマンパワー強烈11秒9!手塚師も納得の出来

[ 2017年2月2日 05:30 ]

<東京新聞杯>3頭併せで追い切るヤングマンパワー(右)
Photo By スポニチ

 ヤングマンパワーは坂路での最終調整。3頭縦列の最後方を進み、内からラスト1F11秒9と強烈な伸びを披露。中ライバーバード(3歳未勝利)に半馬身、外シベリアンスパーブ(8歳オープン)に2馬身先着した。

 手塚師は「前走(マイルCS16着)が負け過ぎなので、気合を入れる意味でいつもより強めにやった。動きは良かった」と納得の表情。「今度は頑張ってくれると思う」と巻き返しを期待していた。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2017年2月2日のニュース