武豊 菜七子と初対決に緊張!?「返し馬でかわいいと思った」

[ 2016年3月6日 11:18 ]

藤田菜七子
Photo By スポニチ

 デビュー2日目を迎えても、中山競馬場は“菜七子フィーバー”に包まれている。2R前のパドックには重賞級の観客。藤田の一挙手一投足に熱視線を送った。

 その2R(ダート1200メートル)は6番人気のホシノブーケ(牝3=根本、父メイショウボーラー)に騎乗し9着。先行勢から少し離れた中団を追走したが、直線は伸びず1着争いに加わることなく終わった。

 レース後の藤田は「前走よりはいいスタートをしてくれた。最後はもう一踏ん張りできなかったが、きょうも歓声がいっぱい聞こえていました」と汗をぬぐった。

 このレースで憧れの武豊(ハヤブサレディゴー2着)との初対戦も実現。武豊は「マスコミが多いから緊張したよ。レースは前にいたので(藤田の姿は)見えなかったけど、返し馬でかわいいと思いました」と笑いを誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2016年3月6日のニュース