橋口慎介師 初Vに「ホッ」父から引き継いだ馬で記念すべき1勝

[ 2016年3月6日 05:30 ]

 ニュー「橋口」厩舎の看板に刻んだ記念すべき1勝目は、阪神8Rのミカエルシチーだった。小倉競馬場の装鞍所にあるテレビで見守った若きトレーナー橋口慎介師(40)は「声が出ました。ホッとしました。うれしいです」と声を弾ませて喜んだ。定年・解散となった父(弘次郎氏)から引き継いだ馬での勝利とあって「そういえばオヤジはミカエルシチーの馬券を狙うと言ってました」と楽しそうに話題を提供。接戦をモノにした立役者のM・デムーロは新規調教師の初勝利に名を残したと知り「ファースト ウイン!」と祝福ムードに加わっていた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2016年3月6日のニュース