初勝利お預けも…連日の菜七子フィーバー パドックに重賞級観客

[ 2016年3月6日 10:53 ]

大勢の人が見つめる中、パドックで馬を落ち着かせる藤田菜七子

 デビュー2日目を迎えても中山競馬場は“菜七子フィーバー”に沸いている。2R前のパドックには重賞級の観客が詰めかけ、藤田の一挙手一投足に熱視線を送った。

 その2R(ダート1200メートル)は6番人気ホシノブーケ(牝3=根本、父メイショウボーラー)に騎乗し9着。先行勢から少し離れた中団を追走したが、直線は1着争いに参加することなく終わった。初勝利はおあずけとなったが、日曜は12Rでスワンボートにも騎乗する。

続きを表示

この記事のフォト

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2016年3月6日のニュース