【ローレル賞】12番人気デイジー逃げ切って大波乱

[ 2012年11月6日 06:00 ]

 川崎JBC開催の最終12レースで行われた地方交流2歳牝馬重賞「第12回ローレル賞」は12番人気の大井デイジーギャルが逃げ切り、重賞初挑戦初V。3連単350万円超の大波乱の主役となった。03年9月初出走の宮浦厩舎も重賞初勝利。「レースも上手。最後は馬が来たらまた反応してくれた」と真島。今後はS1東京2歳優駿牝馬(12月31日、大井1600メートル)へ直行予定。

 ◆デイジーギャル 父ブラックタイド 母オオシマセリーヌ(母の父トワイニング)牝2歳 大井・宮浦正行厩舎所属 馬主・小島郁雄氏 生産者・北海道浦河町大島牧場 戦績5戦3勝 総獲得賞金1550万円。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2012年11月6日のニュース