ギュスターヴクライ 浅屈腱不全断裂…近日中に抹消

[ 2012年11月6日 06:00 ]

 アルゼンチン共和国杯(6着)のレース中に右前脚の浅屈腱不全断裂を発症したギュスターヴクライ(牡4=荒川)は、近日中に競走馬登録を抹消することが決まった。社台サラブレッドCが5日、HP上で「JRAの獣医師より競走能力喪失の診断が下されたため、引退させざるを得ない」と発表した。今年の阪神大賞典でオルフェーヴルを破って重賞V。通算19戦5勝。獲得賞金は1億7530万円。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2012年11月6日のニュース