【JBCレディスC】ミラクルレジェンド突き抜けて連覇

[ 2012年11月6日 06:00 ]

外から一気に差し切ったミラクルレジェンド(右)

 第2回を迎えた「レディスクラシック」は、単勝1・4倍、圧倒的1番人気のJRAミラクルレジェンドが直線、外から突き抜けて連覇を達成した。重賞は7勝目。半弟ローマンレジェンドが4日のみやこSを制しており、姉弟で連日の重賞制覇となった。

 道中は中団待機。川崎はこれまで3着2回。後半の急カーブに手こずってきた。3コーナー過ぎ、外から早めに動いた。4コーナーで多少外に膨れたが、難所を力任せに乗り切った。直線ではエンジン全開。ライバルを寄せ付けなかった。「昨年より精神的に成長して、どんな競馬にも対応できる。3、4コーナーさえクリアすればと思っていた」。岩田は自信にあふれた表情で振り返った。

 次走は未定だが、藤原英師は「牝馬の頂点に立った。次は牡馬相手とも考えている」。弟ローマンレジェンドはジャパンCダートへと向かうが、夢の姉弟対決が見られるか。

 ◆ミラクルレジェンド 父フジキセキ 母パーソナルレジェンド(母の父オーサムアゲイン)牝5歳 栗東・藤原英厩舎所属 馬主・吉田照哉氏 生産者・北海道千歳市社台ファーム 戦績22戦11勝(南関東11戦6勝) 総獲得賞金2億9742万円。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2012年11月6日のニュース