激闘から一夜明けたオルフェーヴル「もう少し素直になってくれれば…」

[ 2011年12月26日 16:26 ]

 有馬記念を制して4つ目のG1を獲得したオルフェーヴル(牡3=池江)は激闘から一夜明けた26日朝、馬房でリラックスした姿を見せた。

 「トレセンには午前1時過ぎに帰ってきました」と森澤助手。「もう少し素直になってくれれば言うことないんですが…」と言いながらも、頼もしそうに愛馬を見詰めた。来年の目標は秋の凱旋門賞。春はドバイWCに遠征するプランもある。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2011年12月26日のニュース