【阪神新馬戦】メイショウゲンブ押し切る

[ 2011年12月26日 06:00 ]

 25日の阪神6R新馬戦(ダート1400メートル)は、メイショウゲンブ(牡=増本、父ケイムホーム)が二の脚を利かせてハナを奪うと、そのまま押し切った。「期待していた。調教通りに頑張ってくれました」と秋山。増本師は「まだ太め残りの体。いいスピードを持っている。本当に気性が素直で、おとなしいのがいい。今後はダートの短いところを使っていく」と話した。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「セントライト記念」特集記事

2011年12月26日のニュース