前代未聞…人気長寿番組のドッキリで芸人が「ヤラセ」告白 くりぃむ絶句、視聴者騒然「事件やろこれ」

[ 2024年5月31日 11:56 ]

「くりぃむしちゅー」上田晋也(左)と有田哲平
Photo By スポニチ

 29日放送のテレビ朝日「くりぃむナンタラ」(後11・45)で、ある芸人が「ヤラセ」を告白。出演者一同が騒然となる場面があった。

 この日の放送では「クズゲーム」と題した企画を実施。酒癖や女癖が悪い元「ゾフィー」サイトウナオキ、女癖が悪い上、ギャンブルにハマっている「きつね」大津広次、ヒモを公言している「パンプキンポテトフライ」谷拓哉、寝坊や遅刻の常習犯である「ラランド」ニシダ、女性にだらしない「ゆんぼだんぷ」カシューナッツなど、“クズ芸人”の5人が一つの部屋に集められた。5人には番組や企画内容などを知らせず、別室でモニタリングしている「くりぃむしちゅー」、「とろサーモン」久保田かずのぶ、「相席スタート」山添寛がさまざまな指示を出して、芸人たちがどのような動きをするのか検証した。

 いろいろな検証をした後、最後に「この中に企画を知っている人がいる。その人を追い出したら全員10万円を獲得できる」と嘘の情報を送り込み、全員を疑心暗鬼にさせるドッキリを仕掛けた。5人がお互いを疑り合う展開。いたずらに制限時間を延長するなどして、最終的にカシューナッツが外に追い出された。そして、ネタバラシをしないまま収録を終了させた。この後、くりぃむたちが企画を振り返って本当に収録が終わるはずだったが、まさかの事態が発覚する。

 他の芸人たちは、カシューナッツを内通者だと疑ったまま番組が終了したため、芸人たちはこの正誤を問いただした。すると、カシューナッツは「今、マジな話していい?一応聞いてたけど、聞いてない人の体でお願いしますってずっと言われてた」と告白。別室のくりぃむらは騒然となり、スタッフに「言ってないんだろ?」などと確認した。

 これを受け、スタッフが再びカシューナッツを問い詰めると「マネジャーさんもそうですし…最初の連絡が…」と、事務所関係者から企画を教えてもらっていたと明かし、くりぃむらは絶句。芸人たちは「やっばい事務所」と口にし、異質な空気が流れた。カシューナッツは、番組名を聞かれると「くりぃむナンタラ」と答えて見せ、一連のやり取りを聞いていたくりぃむらは「うわー」「もう終わりだ」「初めて見た、こんなの」と驚いていた。

 前代未聞の「ヤラセ」告白に、視聴者にも衝撃が走った。ネット上では「この結末は予想外」「まあまあ事件やろこれ」「シックスセンス並の衝撃を受けた」「ゾッとした…」「今までにないモヤモヤ感のまま終わってなんか凄い回だった」「もうどっきり番組には出れないのでは」などの声が。

 久保田はこの放送について、自身のX(旧ツイッター)で「山添、オンエアだってよ。芸人で噂になってる回です。編集マンのメスの入れ方で今後の企画が変わるでしょう。くりいむさんが7分ダンマリした回です。怖いので俺は見ないです」などと伝えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月31日のニュース