山口真由氏 フジモン“当て逃げ”活動自粛に「気付いてなかったなら…謹慎とか前例を作るべきではない」

[ 2023年10月12日 16:51 ]

山口真由氏
Photo By 提供写真

 元財務省官僚で信州大の山口真由特任准教授が12日、TBS系「ゴゴスマ~GO GO!smile~」(月~金曜後1・55)にコメンテーターとして生出演。お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(52)が乗用車を運転中に当て逃げ事故を起こしたことが判明し、芸能活動を自粛することに言及した。

 所属する吉本興業が11日、藤本が接触物損事故を起こしたことを公式サイトで発表。藤本は当面の間、芸能活動を自粛する。同サイトによると、4日正午頃、東京都渋谷区交差点で、藤本が運転する車両と被害者の車両が接触、物損事故を起こしたという。藤本も「「この度は事故を起こしてしまい、また、事故直後に適切な対応ができておらず、浅はかな行動をとってしまい、被害者の方に対して大変申し訳ない思いです」などと謝罪のコメントを出している。

 関係者によると、接触された乗用車の運転手が警視庁に通報し、事故が発覚した。運転手にケガはなかったという。警視庁は道路交通法違反(報告義務違反)容疑で藤本から事情を聴いている。

 番組では、元神奈川県警察本部刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が「気付かなかった」可能性について言及。山口氏は「気付いていたが、気付いてなかったでは全然違う話になる。もし気付いてなかったのであれば、謹慎とか自粛とか、前例を作るべきではないと思う」と見解。そのうえで「(そもそも事故の)詳細が明らかにされていない。捜査中だということだと思いますが、事故の後に被害者の方とのやり取りがあって、明らかになってきたと思うので、その過程が今後明らかになるのを待つしかないかなと思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2023年10月12日のニュース