×

東野幸治 誤入金問題「興味あるの俺だけ?」 前のめり姿勢に松本人志から「いい意味でもおばちゃん」

[ 2022年5月29日 11:48 ]

お笑いタレントの東野幸治
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの東野幸治(54)が29日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。山口県阿武町の誤入金問題で、電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕された田口翔容疑者(24)の出金先の決済代行業者3社が町に約4300万円を返還した問題で、スタジオで1人だけ前のめりになる場面があった。

 番組は田口容疑者の残金が決済代行業者3社のところに合わせて約600万しかなかったことを紹介。残りの3700万円は3社が肩代わりした可能性が高いとした。

 東野は「このニュース、本当にわからなくなってきました。わからないことだらけに話がなってきた。どんどん広がっていくから。第1章が容疑者のメインの話で、今、第2章なんです」とハイテンションに紹介。決済代行業者からの約4300円の返金にも「4630万円誤送金、容疑者が使ったっていう言ってるけど、決済代行業者が補填した形になっている。その業者も見られたくない腹があるんじゃないかって、思いがち」と前のめりで発言した。

 専門家として出演した国際カジノ研究所所長の木曽氏に「日本の警察は今後、動いて調べようとしていくんですか?」「それ以上にたくさんもうけているってことですか?」と次々に質問する中、「ダウンタウン」の松本人志が「東野っていい意味でもおばちゃんやねん。こういうの大好きやろ?」「逮捕もされたし、お金もある程度帰ってくるみたいやし、もうええやん!って正直思ってしまってるんですよ」。松本だけでなく、俳優の武田鉄矢や雅楽師の東儀秀樹らも「意味が分からなくて」と語ると、東野は「ちょっと待ってください。興味あるの俺だけですか?興味津々というか、地面師以来、興味津々」と目を輝かせた。

 それでも、木曽氏から「マネーロンダリングの可能性」の指摘を受けると、松本は「思っているよりも闇は深いかもしれない」と見解を変える場面もあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月29日のニュース