×

ケンコバ「フードファイターが子供に見えた」 食事制限解放したあの売れっ子芸人に口あんぐり

[ 2022年1月19日 22:52 ]

ケンドーコバヤシ
Photo By スポニチ

 お笑い芸人・ケンドーコバヤシ(49)が、18日深夜放送の読売テレビ「にけつッ!!」(火曜深夜0・54)に出演。正月の出来事として「改めて、日村さんのモンスター具合を見た」と身震いした。

 ケンコバは今年の正月、「皆さんに、迷惑を掛けないように」とロッジを借り食材を買い込んで、お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀や、若手芸人数人と食事会を開催。普段は食事制限をしているという日村だったが「久々に開放させてください」と、2年ぶりに好きなだけ食事をすると宣言したという。

 まず、スーパーで2日分の食材を買おうとなった際に各自3万円ほどの食材を購入。さらに「ロッジに食材を送っています」と段ボール2箱分という鶏肉などを送付済みだった。すると午後4時にロッジに到着し、6時予定だった晩ご飯の「きりたんぽ鍋」まで待てない日村は早速調理を開始し、すぐに食事を始めた。ただし、鍋の「締めは待て」と日村は鉄板を用意して、そこから1人2玉分ほどの大量の焼きそばを調理。満腹でみんな動けない中、おもむろに「ポップコーン」を取り出した日村がむしゃむしゃと食べながら「ポップコーンのど乾く。みかん取って」とみかんを飲料水代わりし、「そろそろ、お餅入れて」と、鍋のおかわりまで要求したという。

 これにはお笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニアも「すごいな。ジブリでアニメ化でもすんの?」と仰天。それでも「コバさ~ん。カレーライス食べようよ」とカレーまでペロリと食べ、その後もアイスクリーム、うどん、そばと寝るまで止まらなかった。

 次の日の朝も、お笑い芸人・若井おさむがハンバーガーを作っている際に、日村はふもとのパン店まで1時間かけて下山して、大量にパンを購入して朝ごはんに。昼食のバーベキューまで2時間は、温泉につかってお腹を空かせようとしたものの、温泉からの帰宅途中に「おしるこ」を購入。「サウナ終わりで、おしるこですよ」とケンコバも笑うしかなかった。

 昼のバーベキューには「肉の塊が6つぐらい」あったというが完食。「鶏肉と白湯スープで、夜は水炊き。5時スタートね」と日村は2時間後に夕食を開始する宣言したが、それまでの間にホットケーキを3枚も食べたといい、最後は水炊きにお餅まで入れて「は~プリン食べたい」と一言。

 そして、極めつけは最終日だった。アウトレットモールで買い物をして新幹線までの時間を使っていたら、日村は集合場所に遅れて登場し「焼き肉行ってました」。これにはケンコバも「開放するにしても、異常でしたね。フードファイターが子供に見えた。3日間で一番食え、と言われたら世界一食うんちゃうかな。バーベキューと水炊きの間にホットケーキ食べる人います? (ホットケーキに)もっと蜜かけて、って言ったらしいです」と苦笑いしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月19日のニュース