「笑点」ナポレオンズ・パルト小石さん追悼 歴代最多出演「大いに盛り上げてくれました」冒頭08年VTR

[ 2021年11月7日 17:30 ]

「ナポレオンズ」のパルト小石さん(左)とボナ植木(2008年撮影)
Photo By スポニチ

 日本テレビの演芸番組「笑点」(日曜後5・30)が7日に放送され、冒頭、10月26日に亡くなったマジックコンビ「ナポレオンズ」のパルト小石さん(享年69)を追悼した。「演芸コーナー」歴代最多出演を誇った小石さんに「『笑点』を大いに盛り上げてくれました」と感謝した。

 「『あったまぐるぐる』でおなじみのマジシャン、ナポレオンズのパルト小石さんが亡くなりました。1987年の初登場以来、50回を超える歴代最多の出演回数を誇り、『笑点』を大いに盛り上げてくれました」とナレーションとテロップで感謝。「在りし日の小石さんの姿をご覧ください」と2008年2月出演時のVTRを流した。

 2人は師匠・初代引田天功の遺作と口上しての「空中浮遊」と「あったまぐるぐる」08年度版を披露。番組は「謹んでお悔やみ申し上げます」としのんだ。

 専修大学マジック同好会の同級生だったボナ植木(69)と小石さんがコンビを結成し、1977年にプロデビュー。小石さんの頭に専用の小道具をかぶせて回し、首が360度回転しているように見える「あったまぐるぐる」などのネタで人気を博し、「笑点」の演芸コーナーに歴代最多出演を果たした。

 小石さんは2019年に急性リンパ性白血病を発症。ここ数年、入退院を繰り返していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月7日のニュース